bitcoin-cliコマンド【getaddressesbylabel】

2018-11-01

getaddressesbylabel “label”

指定されたラベルが割り当てられているアドレスをリスト形式で返却する。

引数

① label (string, required)

対象とするラベル名を指定する。

実行例

$ bitcoin-cli -regtest getaddressesbylabel ""
{
  "2N5XCV67fmR2RtGq4v1osJFgHoyKbVStv6n": {
    "purpose": "receive"
  }
}

$ bitcoin-cli -regtest getaddressesbylabel "label01"
{
  "n2rhFQqLDc3qDyHnEJC3ye2LdrSUQ8c1qR": {
    "purpose": "receive"
  },
  "2MwCbToCgwV7mbFZWt3RCXXDJaSrgPu22Zk": {
    "purpose": "receive"
  },
  "2NDnXuhsKE2FYPe3uZqqw8ivUsPtf3Hkm4E": {
    "purpose": "receive"
  },
  "bcrt1qgm3tpgfp4ex26ycxdeyd2hk2v5gm689gertqtp": {
    "purpose": "receive"
  }
}

出力内容

address { } (json object)

アドレスをキーとした配列

purpose (string)

アドレスの目的(”send”は送信用アドレス, “receive”は受信用アドレス)

Bitcoinの仕組みからすると、”purpose”というのは意味のない情報だと思われる。どこで設定が行われ、どのような動きになるのかは不明。