bitcoin-cliコマンド【getnewaddress】

2018-11-01

getnewaddress ( “label” “address_type” )

支払いを受け取る新しいBitcoinアドレスを返却する。”label”が指定されている場合は、”label”がアドレス帳に追加され、そのアドレスで受け取った支払いは”label”に関連付けられる。

引数

① label (string, optional)

デフォルトは “”(空文字)。指定が “”(空文字)の場合は、デフォルトのラベルと同一の扱いとなる。指定したラベルが存在しない場合は、指定された名称のラベルが作成される。

② address_type (string, optional)

使用するアドレスの種類。指定可能なのは “legacy”、 “p2sh-segwit”、 “bech32″。デフォルトは”p2sh-segwit”。

legacy:Base58エンコードされたP2PKHアドレスを生成
p2sh-segwit:P2WPKHをP2SHでネストしたP2SHアドレスを生成
bech32:Bech32のアドレスフォーマットでP2WPKHのアドレスを生成

実行例

$ bitcoin-cli -regtest getnewaddress 
2N5XCV67fmR2RtGq4v1osJFgHoyKbVStv6n

$ bitcoin-cli -regtest getnewaddress label01
2MwCbToCgwV7mbFZWt3RCXXDJaSrgPu22Zk

$ bitcoin-cli -regtest getnewaddress label01 legacy
n2rhFQqLDc3qDyHnEJC3ye2LdrSUQ8c1qR

$ bitcoin-cli -regtest getnewaddress label01 p2sh-segwit
2NDnXuhsKE2FYPe3uZqqw8ivUsPtf3Hkm4E

$ bitcoin-cli -regtest getnewaddress label01 bech32     
bcrt1qgm3tpgfp4ex26ycxdeyd2hk2v5gm689gertqtp

出力内容

address (string)

新しいbitcoinアドレス