bitcoin-cliコマンド【gettxoutproof】

gettxoutproof [“txid”,…] ( blockhash )

“txid” がブロックに含まれていることを証明する16進数でエンコードされたデータを返却する。

デフォルトでは、トランザクションのUTXOに未使用出力がある場合のみ機能する。 常に機能するようにするには、-txindexオプションを使用してトランザクションインデックスを維持するか、トランザクションが含まれるブロックのブロックハッシュを指定する必要があります。

引数

① txid (string, required)

対象のトランザクションIDをJSON配列形式で指定する。

② blockhash (string, optional)

指定されている場合、このハッシュを持つブロック内のtxidを探す。

実行例

$ bitcoin-cli gettxoutproof '["2a895f92f3e59d1e2de096508acdb010034363df1ba75266d550e460e40ac78a"]'
00000020937194628d64a712d1cfdd46f7bdedd32fe8a6fd31180f000000000000000000b1fdff501fedfbff70cfe2faa7f6adf364f4b25f969f17e5466545c9ad0084ef1554e25b922d2717bafebba2070b00000db385e77dd799c719bb304fc0378486db42b6f7c21891c36ba20223f93b7ce6ef10cd3d3f7b880e6cb662888197f7abdbf86c665d0836484c185de62d7f6da3b65f33bb3e285613b7cd73e50d32116a7aa529469918eeeb4cfe22eb2f5ba0030c8ac70ae460e450d56652a71bdf63430310b0cd8a5096e02d1e9de5f3925f892a42eef6eb27b9c295a624e743db82016f626a74401e0530ac24bfe8a102b4de004f33776510d532029bdf46182c170a423ec83310a6db0ece225c3b6787c7014d605924c66f15e092defb3183fa3748b321a8e8a1c738be30daa1e1cd1043d2fa549d4afef3f323711eda2b2eac4aac8c03d8ff06d3f6e5d2bc71437ecbec4de982df301a8b7c63d7f3e23b4b8324522eb8dad22fbbbbfdce48257a504d279e5fd4252dd75241c87e083c00518fe22ee9a1451e4ed5613341352499570b1511d933a27d366478fab45f4caa3261e870ac772129696c268adb3bd511081a1621f9ce0359d459af68c805b716daad63cab4259399ebb07ad1c9566482ad16f4fbe1f06442a656d07bd88c2ccb756502bc20769412715cd1b88e9641bc368217d94e04f7fa0000

JSONデータは ‘(シングルクォート)で囲まないといけない
https://bitcointalk.org/index.php?topic=2357889.0

出力内容

data (string)

16進数でエンコードされた証明(proof)のシリアルデータ